お知らせ


◇2018/10/18

 キッズ作文トレーナー体験&認定講座を豊橋市で開講します!詳しくはこちら

◇2018/10/3

 情報誌「田原はなまる」10月号に巻頭特集していただきました!

◇2018/8/26

 ふうせん宇宙撮影の岩谷圭介さんをお招きする、宇宙パラシュート教室を開催しました!

 当日の様子などは、こちらで紹介しています!

◇2018/8/10

 omoioのLINE@始めました!詳しくはこちら

◇2018/8/7

 宇宙パラシュート教室のクラウドファンディングに関する記事が、中日新聞朝刊に掲載されました!

詳しくはこちら

◇2018/7/17

 宇宙パラシュート教室は大変ご好評いただき、定員合計100名(先着)のところ、わずか3日で290名のお申込みをいただきました!定員を超えたお申込みはキャンセル待ち扱いとさせていただいておりましたが、本日をもって受付は終了させていただきました。

◇2018/7/7

 宇宙パラシュート教室の記事が、東愛知新聞と東海日日新聞に掲載されました!詳しくはこちら

◇2018/7/4

 本日16時から、FM豊橋やしの実子育てステーションに出演します!

◇2018/7/4

 8/8キッズ作文教室@Public's Coffee Brandingお申込み受付中!

◇2018/6/28

「宇宙パラシュート教室に小学生100人を招待したい!」クラウドファンディング公開しました!

クラウドファンディングページはこちら

◇2018/6/2

 毎日新聞の朝刊に、宇宙パラシュート教室の記事が掲載されました!詳細はこちら

◇2018/5/16

 キッズ作文提唱者の木暮太一さんをお招きする読書会「どうすれば、売れるのか?」を、司法書士恵事務所主催で開催しました!開催報告はこちら

◇2018/4/6

 FM豊橋出演が決まりました!詳細はこちら

◇2018/4/4

 春休み企画2018!絵日記&キッズ作文教室は終了しました。

 教室は随時お申込み受付中です!お問い合わせはこちら

◇2018/3/26

 東愛知新聞さんに掲載されました!記事はこちら

◇2018/3/8

 一般社団法人教育コミュニケーション協会の、キッズ作文トレーナー紹介ページに掲載されました。

◇2018/3/5     

 春休み企画2018!絵日記&キッズ作文教室募集開始しました。イベント詳細はこちら

◇2018/2/6     

 ホームページを開設しました。



ご自身の想いを、伝えたい相手に伝えられていますか?


人は、人と関わることで生きていける

 

どんな人でも、人と関わって生きています。

 

そして、年を重ねるほどに人との関わりは広がり、より複雑になります。

 

 

例えば、一人の女性を想像してみましょう。

 

小さなときは親や兄弟、親せきと。

保育園や小学校なら友達と先生。

中学校、高校ならそれに先輩後輩などが加わります。

 

 

大学へ行けば、アルバイト先、就職活動など世界が広がります。

就職すれば、職場や趣味の世界。

そして、結婚すれば旦那さんの家族や友達、職場関係。

子どもができればママ友や、子どもの学校や習い事の先生。

家を建てるならハウスメーカーや近所づきあい。

親の介護が必要になれば、病院や施設とのお付き合い。

親の相続では、兄弟やそのパートナー。

自分自身が病気や怪我をすれば、お医者さんや看護師さんなど…

 

 

人間が一人で生きていくなんてできなくて、必ず人と関わっていかなければなりません。

 

これはインターネット、SNSが普及してより一層感じられることです。

 

「フェイスブックでいいねがもらえて嬉しい気持ちになる」

「ラインの既読スルーは悲しい」

 

どんな人でも、多かれ少なかれそういう気持ちになるものです。

 

「一人でいても、誰かとつながっていたい」

 

それは、人間が社会を作ることで進化してきたことを考えれば、当然のことです。

 

 

コミュニケーションの基本は、いつの時代も言葉です。

 

いくらインターネットやテクノロジーが発展しても、まったく人と言葉を使わずに過ごす社会にはならないでしょう。

 

理由はふたつあります。

 

「誰かとつながっていたい」という欲求は本能的な感情だから。

もうひとつは、言葉を使い、さまざまなツールを使って伝えることで、コミュニケーションを円滑にし人間が進化してきたから。

 

 

そして今、 インターネットを使って簡単に言葉をかわすことができるようになりました。

 

だからこそ、これからはもっと「言葉」を選ぶことが大切なのです。

 

 

言葉を使いこなせていますか?

 

それでも、

 

「人と話すのが苦手」

「緊張してしまって、はじめての人とうまく話せない」

「自分の気持ちをうまく伝えられない」

「メールなどの文章で伝えるのが苦手」

「私ががまんすれば丸くおさまるとおもって、つい言葉を飲み込んでしまう」

 

とお考えの方は多いです。

 

「人間の悩みはすべて、対人関係の悩みである」

というアドラーの有名な言葉にもみられるように、悩みの根本の原因は対人関係であるという考え方。

 

ということは、対人関係の悩みを解消すれば、すべての悩みから解放されるということ。

 

対人関係の悩みを解消するためにも重要な「言葉」を使ったコミュニケーション。

難しいコミュニケーション技術については専門家にお任せするとして。

 

 

◇「自分の想いを伝える」ことで、上手に人と付き合う。

◇ 対人関係の悩みを解消して、自分を毎日ごきげんにしてあげる。

だれかのごきげんが、また他のだれかをごきげんにする。

 

 

こんなふうにごきげんが循環すれば、世界が少しずつ、やわらかく、楽しくかわるんじゃないかな。

 

 

そんなことを考えています。

 

 

「自分の想いを伝える」とは?

 

 

「自分の想いを伝える」といっても、「自分勝手、わがままに言いたい放題」とは違います。

 

自分の本当の望み、想いを認識して、それに近づけるように相手に誤解なく伝える。

 

ここでいう「想いを伝える」は、このことを指します。

 

     

インターネットやSNSが普及したことで、コミュニケーションツールは増えました。

SNSには「気持ちを表すスタンプ」や「いいねボタン」があります。

 

これを使えば、「なんとなくの気持ち」を相手に知らせることができます。

 

「言葉にできないからスタンプを使うんだ」

「気軽に使えて簡単だしね」

 

だけど、これが原因で相手に本当の想いが伝わらずに、もどかしい思いをしたことはありませんか?

 

「スタンプ」や「いいねボタン」は、あなたの想いの一部を表してはいますが、それがすべてではありません。

 

 

すべての気持ちを言語化するのはとても難しい。

 

だけど、「スタンプ」や「いいねボタン」任せにしていては、あなたの想いは、あなた自身にも、相手にも、どんどん見えにくくなってしまいます。

 

これは「やばい」「かわいい」などの言葉を多用することでも起こります。

 

 

複雑なあなたの想いを簡単に表せるから、楽なのです。

楽だから、みんなが使う。

 

いつしかそれが共通言語のようになっているけれど、それを使い続けていると、いつまでたってもコミュニケーションの悩みは解決しません。

 

 

では、どうすれば解決するのでしょう?

 

 

コミュニケーションの悩みを解決するために、大切なこと

 

 

実は、「自分自身の本当の想いを、伝えたい相手に誤解なく伝えること」が、その方法のひとつです。

 

それが365日、いつもできるようになるには相当のトレーニングと時間が必要です。

ただ、少し意識を変え、言動を変え、言葉を選ぶことで、こんな変化があります。

 

自分の本心を伝えるので、誤解や行き違いがない

◇ 「私ばかりがまんしている」という犠牲がないので、ストレスがない

◇ 本当に望んでいることが伝わるので、相手も困らない

◇ 自分の本当の想いを自覚することで優先順位がきまり、決断が早くなる

◇ やりたいこと、好きなことがはっきり言える

◇ 自分と違う価値観を受け入れることができる

 

 

 

omoioをはじめた理由

 

 

私は愛知県田原市で司法書士をしています。

岡田久恵と申します。

 

「司法書士がなんでコミュニケーション?」と思われるかもしれません。

 

これまで相続や遺言、後見のお仕事を通して、こんなことを感じていました。

 

「お互いに上手に気持ちを伝えられたら、もっと話がうまくまとまるのに。」

「もっとお互いを思いやれて、仲良くなれるのに。」

 

 

また、自分自身を振り返ってみても、こんな風に思っています。

 

「もっと自分の気持ちに向き合って、相手に上手に伝えられていれば、もっとストレスのない関係が築けたんじゃないか。」

「自分の気持ちを抑えてがまんして、イライラ不機嫌になることも少なかったんじゃないか」

「自分の好きなもの、やりたいことを自分の基準で選べたんじゃないか」

 

 

もちろん人間なので、いつも理想通りにいくわけではありません。

気持ちの波があります。

でもその波を、少しでも穏やかにできたらいいな。

 

このサイトは、そんなことに気づくきっかけの場になればと考え、立ち上げました。

 

コンセプトは、

「想いを伝えて、ごきげんな毎日を。」

 

このサイトのどこかの言葉が、だれかの「ごきげん」につながるきっかけになる。

そしてそれが、他のだれかを「ごきげん」にする。

 

そんな存在になれますように。