· 

「答えはひとつ」「絶対の正解がある」「答えは誰かが教えてくれる」そんな思い込みをはずせば、もっと心は自由になれる!

 

インターネットのおかげで、わからないことや悩みがあると検索して調べることができるようになりました。

 

「この悩みはどうしたら解決するのかな?」

「正しい答えは何だろう?」

「一番いい方法、失敗しない方法はどれだろう?」

 

キーワードを入力すると、たくさんのサイトが答えを教えてくれます。

 

わからないことがすぐに解決するので、とても便利です。

 

 

 

情報に惑わされる、子どものワクチンの話

 

 

例えば子どものワクチンのこと。

 

我が家は疑いもなく、任意接種のものも含めて接種を進めていたのですが、あるとき同じく小さい子どもをもつ友人に言われました。

 

「ワクチンって、打っても大丈夫なの?」

 

想像もしてなかったことでした。

 

「え!?打っちゃダメだったの??何で?」

 

そこで、検索。

 

「ワクチン」「子ども」と検索すると、

 

次に「危険」と出てくる…

 

 

「え、何が危険?もういくつも打っちゃったけど…」

 

 

ワクチン反対派の方は、副反応や、ワクチンに含まれる成分、予防効果への疑問などについて危惧されているようでした。

 

 

 

すべての医療はリスク&ベネフィット

 

 

ただ、すべての医療はリスクとベネフィットを含んでいます。

医療行為によるベネフィットがリスクを上回るから医療行為として成立しているはず。

「100%安全な医療」はありません。

 

関連記事→成年後見人に医療行為の同意権はありません!でも成年後見人が医療行為の同意をしなければ、必要な医療を受けられないの?(司法書士恵事務所の記事)

 

その医療行為を受けることによる「ベネフィット」と「リスク」を天秤にかけて、判断するしかないのです。

 

 

定期接種(国や自治体が強く推奨していて、無料。副反応に対する国の補償がある)のワクチンなら、受けることのベネフィットと、リスクは何か。

 

最初から「危険」と思い込むことで、ベネフィットに目を背けていないか。

 

それを自分で考えて判断するしかなく、ただ一つの「答え」や「絶対の正解」はありません。

 

 

では、任意接種とされる「おたふくかぜ」や「子宮頸がん」「インフルエンザ」などのワクチンはどうでしょうか。

 

 

 

「よくわからないもの」は怖い。

怖いと思えば、リスクばかりに目がいきます。

 

 

「健康な子どもの体に薬剤を入れるなんてなんだか不安…」

「成分もよくわからないし。」

「任意ならやめといた方がいいような気がする」

 

最初からこのように疑ってインターネットを検索すれば、「ワクチンを受けないほうがいい理由」にばかり目がいくでしょう。

 

「ワクチンには、体に毒になるものが入っている」

「ワクチンがなくならないのは製薬会社を儲けさせるため」

「ワクチンに予防効果はない」

「子ども一人が受けなくても、影響はない」

 

などなど、、、

 

 

 

心をフラットにして、客観的な視点を持とう!

自分で考えて、自分の答えを出そう!

 

 

だけど、「わからない、不安なもの」だからこそ、客観的な視点で「知る」ことが大切です。

 

「そもそもどうしてワクチンがあるんだろう」

「おたふくって、子宮頸がんって、どんな病気だろう」

「過去の副反応って、どんなもの?」

「その副反応は、本当にワクチンのせいだったの?」

「日本と海外では、ワクチンに違いがあるのかな?」

 

 

もちろん、どんな人が、どんな媒体で、どんな場面で発言しているかも判断要素のひとつ。

 

インターネット上ではいろんな人が、いろんなことを言っています。

 

モノやサービスが溢れている現代。

たくさんの情報をもとに、自分で考えて、判断しなければいけなくなってきます。

 

 

 

「答えはひとつ」「絶対の正解がある」「答えは誰かが教えてくれる」

そんな思い込みを外せば、もっと心は自由になれる!

 

 

「答えはひとつ」

「絶対の正解がある」

「答えは誰かが教えてくれる」

 

学校のテストでは、一つの答え、絶対の正解があります。

学ぶ内容も国で決まっていて、先生に教えてもらいます。

 

それも、大切なことです。

人から教えてもらって学ぶことはたくさんあるからです。

人の話を素直に、謙虚な姿勢で聴くことも、もちろん大事なことです。

 

 

だけど、その考え方、頭の使い方に慣れすぎた私たち。

 

大人になった今、自分で答えを出すことができないことが多いのではないでしょうか?

 

「自分は間違っていないかな?」

と過剰に不安になったり、

 

「絶対に失敗したくない、誰かいい方法を教えてほしい」

と人に依存したり、

 

「あの人の言うとおりにしたのに、うまくいかなかった!」

と人のせいにしたり。

 

本当は、答えなんてないことばかりなのに。

 

 

自分で考えて、出した答えを信じられるか?

 

言い換えれば、

 

自分を信じられるか?

 

 

もちろん、自分を信じて進むこと、怖いこともあります。

不安もあるし、失敗もするし、いつだって自信に満ち溢れているわけでもありません。


「私はこの道を進んで大丈夫かな?」

「私のこと、周りの人はどんな風に見えてるだろう?」

「本当はもっと、応援してほしいな…」

 

だけど、少しだけ自分を信じる勇気をもって、自分で答えを出してみる。

 

責任は、自分でとる。

 

「答えはひとつ」

「絶対の正解がある」

「答えは誰かが教えてくれる」

 

こんな思い込みを外すと、もっと心は自由になれると思うのです。

 

 

 

~・~・~・~・~・~・~・

お申込み受付中! 

 

 ■子どもが自分に自信を持てる!「考える力」と「伝える力」を育てる声かけ講座

 

◇日 時 2018年7月6日(金)

     10:00~11:30

◇場 所 イトコーモデルハウス

     豊川市諏訪西町2-248

◇講 師 岡田久恵

キッズ作文トレーナー司法書士恵事務所代表)

◇参加費 1200円(イトコー様特別価格!)

◇対 象 3歳以下のお子様がいるお母様

    (お子様連れOK!)

◇定 員 先着6名

◇お申込 6/14まで→omoioにて3名様先行予約受付中!

 (お申込はこちらのフォームからお願いします。)

※6/15以降のお申込みは、エコショップイトコー様0120-86-4191へお願いします。

 

 詳細は↓

■キッズ作文トレーナー体験&認定講座

 

◇日時 2018年7月12日(木) 

    体験講座 10:00~12:00 

    認定講座 10:00~16:00

  (途中1時間のお昼休憩あり)  

◇場所 豊橋市民センター(カリオンビル) 小会議室

    豊橋市松葉町2丁目63番地

◇講師 福冨よしこ先生

(一般社団法人教育コミュニケーション協会認定キッズ作文トレーナー、説明力メディエーター) 

◇参加費 体験講座    3,000円

     認定講座 22,800円

      ※体験講座受講済みの方は19,800円

◇対象  どなたでも

◇定員  先着20名 

◇お申込 講師福冨よしこ先生の申込フォーム

 

詳細は↓