· 

劇的な変化なんて、望まない。昨日は今日に、今日は明日に。すべてはつながっている!

「早く痩せたい」

「早く結婚したい」

「早くもっとお給料を上げたい」

「早くゴルフがうまくなりたい」

 

はやく、はやく、、、

 

「早く、結果を出したい!」

 

そんなふうにあせったりすること、ありますよね。

 

 

他の人と比べて、自分だけ変わってない。

取り残されたような気持ちになる。

 

 

あの人はあんなに素敵なのに。

あの人はあんなにすごい。

あの人は私より若いのに…

 

それに比べて私は全然できてない。

あの人みたいになりたいのに、あの人と全然ちがう。

 

 

そんなとき、

 

「すぐにお望みの結果が出ます!!!」

 

という言葉に心が動くこと、ありませんか?

 

 

(私はあります…

「おもしろいほどパターが入る本」とかすぐ買っちゃう(笑))

 

 

やっぱり理想には早く近づきたい。

自分の望みがすぐにでも叶うなら、そんな嬉しいことはないですよね。

 

 

だけどそうして裏技的なものに飛びついて、ちょっと試してみて効果が感じられないと、すぐにやめてしまう。

 

 

どうせまたできなかった、ほら、やっぱりね。

 

 

 

「すぐに結果がでる」なんてこと、そんなにある?

 

 

インターネットやテレビでも、よくそんな言葉が宣伝に使われていますね。

 

「1週間で毛穴の悩み解消!」

「1か月着るだけでくびれができる!」

「1か月聞くだけでネイティブの英語が聞き取れる!」

 (あ、これも飛びついた経験あり笑)

 

とか。

 

「すぐに結果がでる」という甘い言葉、悩んでるときには飛びつきたくなってしまいますね。

 

 

でも本当は、みんなわかっているんです。

 

 

短期間ですぐに結果が出ることなんて、そんなに多くはない。

一見変わっていないように見えて、続けてさえいたらちゃんと形になる。

 

 

その、「続ける」ことが実は一番難しい。

だってその先の結果の保証もないし、結果につながっているとも感じにくいから。

 

 

 

昨日は今日に、今日は明日に。すべてはつながっている!

 

 

だけど、昨日はちゃんと今日につながっているし、今日は明日につながってる。

 

きのうゼロだったことが、今日100にはならないけれど、今日ゼロが1にはなるかもしれない。

今日1で、明日も1かもしれないけど、明後日は2になってるかもしれない。

 

100が理想だとして(実際にはきっとその先もあるのだろうけど)、それまでなんども失敗したり、ちょっとくらいかっこ悪かったり、だれかに笑われたりするかもしれない。

 

 

だけど、本当に自分が変わりたいなら、それってすごく素敵なこと。

それを笑う人のことなんて、気にしなくていい。

 

 

ずっと昔から今日まではつながっていて、いつもいつも、「今」が連続している。

理想の形、求めているものがあるのなら、今を変えるしかないんですよね^ ^

 

 

 

劇的な変化なんて望まない!過去の自分と比べて「変われた」と感じることが、明日も続ける自信になる。

 

 

そうは言っても、なかなか結果がでなくて焦ったり、もうやめたい!と思うことだってあります。

もしかしてそんなとき、「だれかと」比べていませんか?

 

「すごいあの人」

「理想のあの人」

 

そんなほかのだれかと比べていたら、自分ができていないように思えるのも無理はありません。

 

もしそうして辛くなってしまったら、「だれか」じゃなくて、「過去の自分」と比べてみるといいかもしれません。

 

 

ほんの少しの変化だって、「前よりはできるようになったね」って、「がんばった、私!」って思ってあげられたら、きっと明日も続ける自信につながるはずです!

 

 


いよいよ今週末!

もう子どもにイライラしたくない!そんなお母さんにぜひ受講していただきたい講座です!↓

10月のキッズ作文教室、次回は15日(月)10時から!↓