· 

時間は有限!やりたいことはいつやればいいの?

 

「前から好きな趣味をやろうとは思っているけど今はまだできてないんだよね」

「今は子育てで忙しいから、子どもが大きくなってから何かしたいわ」

「定年したらやりたいことがあって…」

 

好きなこと、やりたいこと、大人にもいろいろありますね。

 

大人こそ行動範囲が広く、自分の責任で選べる自由があるからやれることもたくさんあります。

 

 

だけど忙しい毎日の中で、やりたいことを全部やるということはとても難しいこと。

 

そして、家族がいればその協力も必要ですし、一人で全部を決めることができないというのも大人ならではのの事情かもしれません。

 

 

たとえば小さい子どもがいて仕事をしたいとか、休日に趣味を楽しみたければ、おじいさんやおばあさんに預ける、ご主人に家事を手伝ってもらうなど。

 

こんなふうに自分一人で行動することに制約が増えることもあります。

 

 

 

どうしてやりたいの?いつやりたいの?本当にそれをやりたいの?

まずは自分自身に聞いてみる

 

 

「なんとなくやりたいな」とぼんやり考えていることは「その時」が来てもなかなか実行に移せないものです。

 

 

子どもが小学生になっても、低学年のうちはまだ帰り時間も早いですし、習い事の送り迎えに、学校の行事。

そのうち部活が始まれば休日も送迎をしたり、高校生になったら毎朝のお弁当作り…

 

 

「子どもが大きくなったら」を優先していたら、もしかしたらそのころには親の病気や入院、介護などを考える時期になるかもしれません。

 

 

自分自身だって、もしかしたら病気になったりしているかも。

 

 

今元気で動けることは、「あたりまえのこと」ではないのですよね。

 

 

私はどうしてそれをやりたいの?

 

それをいつやりたいの?

 

本当にそれをやりたいの?

 

 

やるべきことがたくさんあって、やりたいことができない…というモヤモヤがあるのなら、まずゆっくり自分に問いかける時間を作ってみるといいかもしれません。

 

 

「やりたい気持ち」には幅があります。

 

「いつかやりたいな」

「できたらいいな」

「なんとなくやってみたい」

 

 

もちろんこんな気持ちもとても大切。

そこからさらに、自分自身に問い続けて気持ちを掘り下げてみると、また違った見方ができますね!

 

 

 

どうしたらできる?を考えてみる

 

「子どもが小さいから」

「仕事が忙しいから」

「毎日疲れて考える時間もないから」…

 

できない理由はたくさん出てきます。

 

そこで少し発想の転換。

 

 

どうしたらできる?

 

子どもを預かってもらえばいい?

子どもと一緒にいながらできることはないかな?

仕事の効率を上げて時間を短縮することは?

朝30分だけ早起きしてできることは?

 

 

やりたいことが十分にできなくても、できることから一つずつ。

 

すぐに変化がなくても、「やらない」よりは確実に前進します。

継続すれば1年後にはまったく違う未来が見えるはず!

 

 

 

 


講師は毎回大阪からお招きしています。

2、3か月に1回の開講を予定していますが、豊橋での開催は貴重な機会!

前回の受講者はなんと山口県からお越しくださいました。この機会にぜひ!!!↓


毎月少人数で定期開講しているキッズ作文教室。

この季節、学芸会をテーマに作文を書いてみるのもいいかもしれませんね(^^)↓