エフエム豊橋に、高校生が出演!販売当日のトラブルとは?

9/28、宇宙パラシュート教室開催の豊橋市こども未来館ここにこで、一日限定宇宙グッズショップを出店しました!

(当日の様子はこちら

 

どんなものを仕入れ、いくらで売るか?

誰に、どのように伝えるか?

 

全てを高校生にやってもらう「インターンシップ」企画としてのお店です。

 

5人中4人はアルバイト経験もなく、もちろん販売の経験もありません。

豊橋商業高校と、桜丘高校の生徒5名が、まったくゼロからのスタートでお店を経営!

 

お店の名前はSpaceJK29(スペースJKにじゅうきゅう)なのですが、この「29」の由来は、お店の利益でお肉(やきにく)を食べに行きたい!

です^ ^

 

後日見事、焼肉打ち上げができました!

(打ち上げの様子はこちら

 

そして、先日エフエム豊橋さんのやしの実高校という番組に2回目の出演!

今回は受験生2人が入試準備のため欠席、3人での出演でした。

 

 

 

 

 

 

こんなはずじゃなかった!ということは?

「商品が入っていない!」というお客様の声

 

 

パーソナリティの村田ケンヂさんからの質問。

 

「こんなはずじゃなかった!ということは?」

 

という質問に対し彼女たちが答えたエピソード。

(詳細は放送中には話していませんでしたので、少し補足しながら記述します)

 

 

販売が終わり、在庫チェックを済ませ、現金を数え、返品も完了、解散した後のことです。

その後、彼女たちのインスタグラムのショップアカウントのDMに1通のメッセージが入りました。

 

「買ったはずの商品が、一つ入っていないのですが、、、」

 

と。

 

 

そしてレジアプリを確認すると、レシートに対象商品の記録もありません。

お会計の時にレジを通すのを忘れ、お金もいただいていなかったことが判明しました。

 

しかもその商品は、お客様の娘さんがとても楽しみにしていたものだということでした。

 

 

彼女たち自身と、大人も含めたグループラインでの話し合いの結果、彼女たちが出した結論はこうでした。

 

 

「商品代も配送料もお店負担で商品をお送りしよう」

 

 

それをお客様にお伝えしたところ、

 

「代金も支払っていないことがわかったので商品は結構です。それよりも今後の課題として次回につなげてもらえれば大丈夫です!」

 

とおっしゃっていただきました。

 

 

 

これは彼女たち自身のやりとりのほんの一部ですが、

今回の件をきっかけに、どうしたらよかったのか?を考えられたことと思います。

 

 

「また同じような機会があったらやりたい?」

 

の質問に、メンバーの一人は

 

「やりたい!リベンジしたい!」

 

と言ってくれました。

(そうじゃない意見もありましたが…笑 よほど大変な思いをしたのでしょう…)

 

お客さんとの関係も、身をもって体験できたことと思います。

お申し出いただいたお客様にも、本当に感謝です。

改めまして、関わってくださった全ての皆様へ。

 

彼女たちに貴重な経験をありがとうございました!